About this lab


名古屋工業大学 ロボティクスラボ では人を含んだ現象を探究し,人の能力を活用する技術を開発しています.

人の歩行・走行,触覚をメインテーマとし,科学的な研究から工学的応用,社会実装を見据えた研究まで行っています.

At Robotics Lab, we explore phenomena involving human and develop technologies that make use of human’s abilities.
Our main themes are walking, running and tactile sense of human.
Our outcomes reach from scientific findings to engineering applications and social implementation.

Prof. Akihito SANO         佐野 明人 教授

  

<取材記事>

●「知られざるロボットの世界」 夢ナビ

● “支える”ではなく“揺らす”!?佐野教授が辿り着いた世界初の歩行支援理論とは ーHERO X

● 歩行を通して見える人とロボットの関係 – INFORIUM|NTTデータ ーNTT Data

● 重力だけで歩き続ける、名工大の歩行ロボット ーWIRED

 

 

Prof.Yoshihiro TANAKA  田中 由浩 教授

<取材記事>

● 一歩先の未来を、その手で。 ーEY Japan

● 触覚研究により、人々の幸福度の向上をめざす ーHAPTIC DESIGN

●新しい形の共感とコミュニケーション ーNTT研究所発 触感コンテンツ専門誌『ふるえ』

 

 

 

 

Assistant Prof.Tomoya KAMIMURA  上村 知也 助教

 

<取材記事>

● 先端人 チータの走り参考に ー朝日新聞

 

 

 

 

 

Project Assistant Prof.Hikari YUKAWA  湯川 光 特任助教

Latest News

日本経済新聞に、本研究室が紹介されました。

日本経済新聞(朝刊26面)「ロボット・AI・IoT研究の最前線」特集に、本研究室が紹介されました。

朝日新聞に上村知也助教授が紹介されました。

上村知也助教授が12月5日の朝日新聞東海経済面「先端人」にて紹介されました。

2021.9 第39回日本ロボット学会学術講演会(オンライン開催)にて、佐久間瑞季さん、他が研究発表しました。

「触覚機能付き電動義手における接触振動提示法」 佐久間瑞季 , 田中由浩 , 吉川雅博 , 河島則天

BIPED

Running with Students

Running with Students

3D Printing, 3D Running

Running with Students

Robot Goes Running 2nd Stage

Robot Goes Running 2nd Stage

Robot Goes Walking

Robot Goes Walking