Wearable skin vibration sensor

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 概要

「ウェアラブル皮膚振動センサ」は物体に触った際の皮膚の振動を記録する装置です.

これを応用した「触覚共有システム」は,センサをつけて物体をなぞったとき,その触覚(ザラザラ,ツルツル等)を,振動子を持った複数の人にリアルタイムに共有することができるシステムです.

  • 背景

触覚という分野は視覚,聴覚と比較してあまり研究が進んでいません.視覚は録画,聴覚は録音といったように記録をすることができますが,触覚を記録することはできません.そこで,ウェアラブル皮膚振動センサを用いることで,物体に触った際の皮膚の振動を記録することにより触覚の解明を目指します.

  • 研究の成果

私たちウェアラブル皮膚振動センサを応用することで,触覚をリアルタイムに再現することができる装置を開発しました.

  • 特徴

ウェアラブル皮膚振動センサは指の第一関節と第二関節の間に取り付けるため,実験者のなぞり動作の邪魔をせず,実験者が直接物体に触ることができます.また,触覚をリアルタイムに再現することができるため,触覚を感じながら計測器で記録することができます.

  • 研究の未来

リハビリ分野においては義手に触覚共有システムを取り入れ,触覚機能付きの義手を開発しており,臨床試験を継続的に行うことで,実用化に一歩一歩近づいています.他にも触覚には様々な分野で応用できる可能性を秘めています.将来的には,テレビで野球観戦中にバッターがボールを打った触感をリアルタイムに感じることや,映画鑑賞中に,状況に合わせた触覚を提示することで臨場感を演出することができると考えられます.

 

Project members:  M2長谷川達也,B4鬼頭勇気

 

We applied a wearable skin vibration sensor and created a haptic sharing system. This is a system that allows multiple people to feel tactile in real time with a transducer when someone with a sensor touch an object.
In the field of tactile sense, research has not progressed much as compared to visual and auditory sense. You can record as visual and auditory, but you cannot record tactile sensations. Therefore, by using the wearable skin vibration sensor, we aim to elucidate the tactile sense by recording the vibration of the skin when touching the object.
In the field of rehabilitation, we use haptic device sharing devices and develop prosthetic hands with haptic functions.

Thus, there is a possibility that it can be applied to various fields in tactile sense.

 

<Papers>

Wearable Skin Vibration Sensor Using a PVDF Film        2015 IEEE World Haptics Conference (WHC) 田中先生

Tactile Display Based on Skin-Propagated Vibration  Asia Haptics 2016 長谷川

中間柔軟物による振動伝搬の遮断効果                SI 2017 鬼頭

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.