Dual-acting remote palpation system using wearable tactile sensor and AI assist

 

 
  • 概要

本研究では、触診を情報化するウェアラブル触覚センサと触診をアシストする人工知能(AI)を活用することで、遠隔の触診システムの基盤技術を開発することを目的としています。

  • 背景

日本は超高齢化社会を迎え、高齢者の増加に伴い、毎年増加する医療費だけでなく、医療従事者の不足も益々大きな課題となっています。遠隔診断は、高齢者をはじめ患者の移動の負担や、医療従事者不足に有効な手段の一つではありますが、特に医師をはじめ理学療法士などが行う触診は、遠隔で行うことは大変難しいです。
これには、二つ課題があります。一つは、触覚は視聴覚と比較して研究開発が進んでいない領域で、未だ十分に情報化、数値化が進んでいません。もう一つは、遠隔で行う場合に、どのように患者側で触診を行わせるか、という課題です。

  • 特徴

本研究の具体的対象は、理学療法士が行う拘縮の触診です。拘縮に対する診断や治療においては、どの部分が癒着しているか、またどの程度であるかは、治療者の経験と主観に左右されます。触診としては、理学療法士が腕や足を動かし、間接周辺などで生じる「摩擦音」を、センサを巻いた指を当該部位に当てて感じ取る方法になります。摩擦音をセンサで取得、拘縮を客観的に視覚化・数値化します。さらに、視覚・聴覚・触覚を遠隔地と共有し、患者あるいは介護者がセンサを用いて拘縮を評価できるシステムを構築します。

  • 研究の未来

本研究を通じて、AIアシストと触覚共有のもとで、治療者と患者の双方で触診が実施できる遠隔の触診システムが構築され、患者にとっては、定期的に病院に行くことなく、自身の状態を確認することができ、安心、健康維持に繋がるとともに、治療者にとっては、触診が数値化され、さらにこれまで以上の触診データを基に、精度の高い診断が行え、効果的な治療に結び付けられます。触診データがAIに反映されていくことで、高精度・効率化、医療費削減にも繋がり、シンプルかつ将来の発展性の高いシステムです。さらに、未熟練の治療者のトレーニングにも活用できます。

Project members:
鈴木貴大、丹羽和宏

主な論文:

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.